上級等級を得るには

医師
出典: 後遺障害とは / 交通事故被害者救済サイト

本来得られるはずだった等級よりも下の等級になってしまう、ということは実際よくあります。では、このような事態を回避するにはどうすればいいのかということですが、もっともおススメなのは弁護士に依頼するということです。弁護士に依頼すると必要書類の収集の手間なども軽減できますし、自分の負担も相当減るでしょう。これだけでも弁護士に依頼するメリットはあります。また、認定に有利になる資料の収集などもしてもらえますから、上級の等級を獲得することも不可能ではなくなります。

後遺障害の申請を弁護士に依頼すると適切な後遺障害診断書を作成してもらえる可能性も高くなります。弁護士に依頼すると診断書作成要領の提出や追加検査の依頼、終戦店があるときには修正の依頼などもしてくれますから確実な診断書が作成できます。自分で申請する場合だと主治医に何を頼めばいいのかもわかりませんし、結局主治医が作ってくれたものをそのまま提出することになるでしょう。後遺障害申請後の賠償交渉なども任せられますし、これも大きなメリットではないでしょうか。弁護士に依頼することにはいろいろなメリットがありますから、できれば最初から弁護士に相談することをおススメします。

後遺障害の申請

資料

交通事故が原因で後遺症を患った場合で、今後回復の見込みがないケースだと後遺障害の認定を得ることが可能です。後遺障害の認定を得るには申請が必要となり、事前認定と被害者請求の二つがあるという話は先ほどしました。事前認定というのは相手方の保険会社が窓口になって等級認定を事前に確認するという方法になります。一方の被害者請求とは被害者が自ら自賠責保険に後遺障害の等級認定を請求する方法となります。被害者請求のメリットは示談前に自賠責保険から保険金を一括で受け取れること、提出書類や時期を決められるということが挙げられます。

被害者請求はメリットだけでなくデメリットもありますから覚えておきましょう。デメリットとしては資料収集などが必要になることです。被害者請求をするためにはいくつもの書類をそろえる必要性も出てきますし、その手間が結構かかるというデメリットがあるのです。また、費用負担もいくらかは必要となりますからこれをデメリットと感じる方も多いのではないでしょうか。さらに、後遺障害の等級認定においてもっとも気を付けるべきは本来獲得できる等級よりも下の等級になってしまうことです。実際このようなことはよくありますから注意が必要です。

後遺症の認定

事故交通事故などそうそう遭うものではありませんが、ある日突然自分が被害者になってしまうということもあります。何の前触れもなく交通事故はやってくるものですし、気が付いたときには病院のベッドで寝ていたという方もいます。大したケガでないのならそれが一番なのですが、場合によっては後遺症が残ってしまうこともあります。後遺症によっては治療をしても改善の見込みがない後遺障害となってしまうこともありますし、そうなると精神的なショックもより大きなものになってしまうでしょう。

こうした交通事故による後遺障害は後遺障害認定を受けることによって通常よりも高い慰謝料を支払ってもらうこともできます。ここでポイントとなるのが認定を受ける、ということです。後遺障害の認定等級を受けないことには高い慰謝料を得ることはできませんし、自分が被った後遺障害にマッチした等級を獲得しなくてはなりません。認定を受けるためには申請を行う必要がありますが、後遺障害の申請も事前認定と被害者請求という二つの方法があります。

ここでは、交通事故による後遺障害の申請についての基礎的な知識や、上級の等級を得るためにどうすればいいのかについてお話したいと思います。後遺障害が残ってしまうとなればできるだけ高い慰謝料を獲得したいと考えるのは当然のことですし、そのためにはいくつか覚えておくべきこともあります。いつか役立つ日もやってくるかもしれませんからぜひ覚えておきましょう。

カレンダー

2018年11月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930