後遺障害の申請

資料

交通事故が原因で後遺症を患った場合で、今後回復の見込みがないケースだと後遺障害の認定を得ることが可能です。後遺障害の認定を得るには申請が必要となり、事前認定と被害者請求の二つがあるという話は先ほどしました。事前認定というのは相手方の保険会社が窓口になって等級認定を事前に確認するという方法になります。一方の被害者請求とは被害者が自ら自賠責保険に後遺障害の等級認定を請求する方法となります。被害者請求のメリットは示談前に自賠責保険から保険金を一括で受け取れること、提出書類や時期を決められるということが挙げられます。

被害者請求はメリットだけでなくデメリットもありますから覚えておきましょう。デメリットとしては資料収集などが必要になることです。被害者請求をするためにはいくつもの書類をそろえる必要性も出てきますし、その手間が結構かかるというデメリットがあるのです。また、費用負担もいくらかは必要となりますからこれをデメリットと感じる方も多いのではないでしょうか。さらに、後遺障害の等級認定においてもっとも気を付けるべきは本来獲得できる等級よりも下の等級になってしまうことです。実際このようなことはよくありますから注意が必要です。

About the author

カレンダー

2018年10月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031